最新おすすめ求人

介護

2022年11月16日

看護助手とは?仕事内容や向いている人など詳しく解説

 


お仕事をお探しの方に無料で求人をご紹介!


医療現場では医師や看護師のほか、さまざまな職種の人が働いています。その中でも、看護助手と呼ばれる職種の需要が近年高まってきています。医療現場や介護施設で活躍している看護助手とは、どのような仕事内容なのでしょうか。
また、看護師との違いや看護助手になるために必要な資格はあるのでしょうか。ここでは、看護助手の仕事内容や向いている人の特徴を詳しく解説します。


1. 看護助手とは?




看護助手の仕事は、主に看護師のサポートや患者さんの身の回りの世話をすることです。病院やクリニックなどの医療機関にとどまらず、高齢化にともない介護施設でのニーズも高まっています。

■看護師との違い


看護師と看護助手の仕事内容の違いは、以下の通りです。

看護師 看護助手
資格 国家資格
医療行為
仕事内容 診察補助 ● 看護師のサポート  
● 患者の身の回りのケア
● 院内の環境整備   
● 移送        
● 事務作業      

看護師になるためには、国家資格である看護師資格が必要です。対して、看護助手は国家資格などの特別な資格が必要ありません。看護助手の基本的な仕事内容は、患者さんのケアと看護師のサポートをすることです。他にも、病院の環境整備や移送、カルテ整理や備品管理といった仕事もあります。

■どのような勤務形態?


看護助手は医療機関や介護施設などで、看護師と同じように交代制の勤務形態で働きます。基本的に2交代制や3交代制、シフト制となることが多いでしょう。また、土日出勤や夜勤があることもあります。
2交代制は、日勤と夜勤を交代で勤務し、3交代制は、2交代制の夜勤を準夜勤と深夜勤に分けて働きます。シフト制は、日勤、夜勤、準夜勤、深夜勤だけでなく、早出や遅出、半休など施設や病院によって交代時間を決めていることが多いようです。

■働く場所


看護助手の仕事は、看護師のサポートや患者さん相手に身の回りのケアを行うことです。そのため、看護助手が働く場所は主に医療機関で、病院やクリニックが多くなります。病院やクリニックでは、外来病棟だけでなく入院病棟で働くことも可能です。また、介護施設でも看護助手は活躍しています。老人保健施設や特別養護老人ホームなどでも、看護助手として働くことが可能です。

■看護助手の給料


看護助手の給料は、厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査l」によると、約21万6,000円、ボーナスは45万円です。
出典:https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00450091

また、看護助手の平均年収は304万3,000円で、給与所得者全体の平均年収が443万円のため、100万円以上低いことがわかります。
出典:https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/246

看護師と准看護師、看護助手の平均年収の比較です。

看護助手 准看護師 看護師
2020年 約308万円 約413万円 約492万円

出典:https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450091&tstat=000001011429&cycle=0&tclass1=000001152186&tclass2=000001152187&tclass3=000001152191&tclass4val=0

看護助手の仕事はパート、派遣などの雇用形態が多く、看護師や准看護師といった有資格者とは業務内容が異なるため、どうしても年収が低くなってしまいます。その半面看護助手は資格が必要なく、ライフスタイルに合わせた働き方もできるので、医療系の仕事をしたい人にとってはメリットとも言えます。

また、令和2年賃金構造基本統計調査によると、男性と女性の給与は以下の通りです。

平均月給 ボーナス 平均年収
男性看護助手 23.1万円 49.7万円 327万円
女性看護助手 21.4万円 44.2万円 300万円

男性のほうがフルタイムで働く人も多いため、女性より高い金額になったと考えられます。


お仕事をお探しの方に無料で求人をご紹介!


2. 看護助手の具体的な仕事内容




医療機関で大きな支えとなる看護助手の仕事内容について解説します。

■看護助手の仕事とは?


看護助手の仕事は、看護師のサポートと患者さんの身の回りの世話、院内の環境整備など多岐にわたります。業務内容は大きく分けて以下の通りです。

・事務のサポート作業


看護師のサポートが基本的な仕事ですが、書類やカルテの整理といった事務作業や備品管理などの仕事を担当することがあります。業務分担が細かく分かれている総合病院などでは、看護助手が事務業務を行うことはあまりないと言えるでしょう。

・患者の身の回りのお世話


患者さんの身の回りのケア業務として以下のようなものがあります。

● 食事の配膳、食事介助
● 排泄介助、入浴介助、オムツ交換
● ベッド移乗
● 着替えのサポート

看護師は、看護師の指示のもと業務を行います。医療行為は行わないため、療養生活上の世話にあたる、配膳、下膳などの食事介助のほか、入浴介助、清拭などの清潔援助といった仕事が中心です。

・院内の環境を整える


看護助手の仕事には、院内の環境を整える仕事があります。ベッドメイキング、シーツの交換・洗濯、浴室の準備・清掃、病室・診察室の清掃などです。

・患者の移動をサポート


検査室・リハビリ室への移送・付添いなどの移送業務も看護助手の仕事の一つです。検査室や手術室、浴室などへ行く際に、ベッドから車いすやストレッチャーに移乗するときなども看護助手が担当します。

・医療行為に該当しない介助


医療行為は医師や看護師などの有資格者しか行えないため、看護助手は医療行為を行うことが認められていません。しかし、医師や看護師の指示のもと、医療行為の補助や準備を行うことは可能です。

■病院内での配属先ごとの業務内容


看護助病院内での配属先ごとの業務内容手は、病院内でどこに配属されるかによって、業務内容が異なります。

・外来


外来に配属された場合は、患者さんの身体的な介助業務はほとんどありません。車いすやストレッチャーなどの搬送や簡単な事務作業、診察で使用する器具の管理などが主な仕事です。

・病棟


病棟に配属された場合、患者さんの身の回りのケアや看護師のサポート、環境整備などを行います。


・手術室


手術室に配属された場合は、医療器具の管理や洗浄、消毒といった作業やベッドメイキングなどを主たる業務です。

・中央材料室


中央材料室に配属された場合は、手術室や病棟、外来などで使用された医療器具を洗浄、乾燥、組立、滅菌処理、パッキングといった業務を行います。

・内視鏡室


内視鏡室に配属された場合は、医療器具を洗浄、滅菌処理、清掃などが主な業務内容です。


3. 看護助手になるために必要なもの




看護助手は看護師と違い、資格がなくても働くことができます。看護助手になるために活かせる資格や経験にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

■病活かせる資格や経験


看護助手は患者さんの身の回りの世話をする仕事が多いため、介護関係の資格や介護の現場で働いた経験がある場合はそのスキルを活かすことができるでしょう。また、看護助手に関係する資格の勉強をすることで知識が身につくため、看護助手としての経験がなくても、就職や転職に有利に働くこともあります。知識があることで、学んだ内容を活かして職場で自信をもって仕事に取り組めるでしょう。

・介護関係の資格や経験


介護の仕事と看護助手の仕事には、共通する点が多くあります。食事や入浴、排泄の介助など患者さんの身の回りの世話をする際には、介護での経験が直接役に立つことが多いでしょう。また、介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格の知識には、看護助手の仕事にも活かせる内容が含まれているので、介護の資格があると看護助手の仕事を始める際に有利になると言えます。

・メディカルケアワーカーの資格


看護助手には、医療福祉情報実務能力協会が認定するメディカルケアワーカーと呼ばれる民間資格があります。メディカルワーカーは、看護補助や福祉介護業務に従事する看護助手職として、求められる能力を認定する資格です。資格を取得すると、基本的な知識があるとみなされ、採用もされやすでしょう。
資格の難易度は、平均合格率は1級:75.8%、2級:72.7%です。高齢化などで、医療や看護のニーズが高まっており、取得する人も多くなるでしょう。資格区分は1級と2級に分かれており、1級は年に2回、2級は年に3回実施されます。

・看護助手認定実務者試験


看護助手に国家資格は必要ありませんが、関係する資格をもっていることで、採用などの判断基準になることもあります。看護助手認定実務者試験もその一つで、看護助手を目指す方がまず取得する資格です。認定試験は年4回行われ、在宅試験に対応しています。


4. 看護助手に向いている人




看護助手の仕事は、患者さんのケアや看護師のサポートなど、気遣いをしながら対応していくことが大切です。看護助手に向いている人とは、具体的にはどのような人なのでしょうか。以下で詳しく見ていきましょう。

■コミュニケーションに長けている


看護助手には、看護師や医師と連携しながら業務をこなしていく力が求められます。そのため、意思疎通がうまくできる必要があり、コミュニケーション能力が長けているとほうが有利です。

■人当たりがよい


看護助手は、患者のケアやサポートが仕事なので、思いやりや優しさをもって接することが患者を支えることにつながります。そのため、看護助手として働くには、人当たりがよさや人と接することが好きかどうかが関係してきます。人の役に立ちたいという気持ちも重要と言えるでしょう。

■機転を利かせて的確に行動できる


医療現場では、常に状況は変わる可能性があり、体調の急変や少しの変化が命にかかわる場合もあります。そのため、機転を利かせてスピーディーに行動する必要があります。日々の業務は同じであっても、状況によって対応が変わることもあるので、指示されたことだけでなく、適切に状況を判断できる力が求められるでしょう。

■医療について興味がある


医療の世界は、常に進化しており、仕事をこなしていく中でわからないことも出てくるでしょう。看護助手を目指すのであれば、医療についての探求心や向上心をもっていることが大切です。学習意欲のある人は、看護助手としてもスキルアップできるでしょう。


5. 看護助手として苦労する人




逆に看護助手として向いていない、苦労する人には特徴があります。

■責任に耐え切れない人


医療行為は行わなくても、患者のケアや看護師のサポートを担っている看護助手は、命を預かっているといっても過言ではありません。医療にかかわる現場では、プレッシャーや責任の重さから悩むこともあります。責任に耐え切れない人は、看護助手として医療現場に携わることに向いていないでしょう。

■自発的に動くのが苦手な人


医療現場は少しの変化でも、臨機応変に対応する必要があります。場合によっては、ただちに看護師に相談することも求められるので、自発的に動くのが苦手な人は苦労するでしょう。看護助手は、誰かに言われて行動するだけでなく、自発的に動いて迅速に仕事をすることが求められます。


6. 看護助手のやりがい




看護助手はただ仕事をこなすだけでなく、患者さんに寄り添い、看護師のサポートをする重要な仕事です。人の役に立ちたいと思っている人にはやりがいのある仕事と言えるでしょう。

■人の役に立てている実感がわきやすい


看護助手は、看護師のサポートだけでなく、患者さんの食事の介助や身体の介助など身の回りのお世話がメインの仕事です。そのため、患者や患者の家族から感謝の言葉をかけられることもあるので、人の役に立っているという実感がわきやすく、やりがいのある仕事と感じる人も多いようです。

■働きながら知識をつけることでキャリアアップにつながる


看護助手として働くことは、主に医療現場で働くことになるので、医療現場に対する知識やレベルは高くなります。薬剤の名前や種類、衛生材料などについての知識にも詳しくなるでしょう。そこからキャリアップにつながる看護師や准看護師、介護士といった資格の取得を目指す人もいます。


7. まとめ



看護助手の仕事は、資格や経験がなくても始められる仕事です。看護助手の仕事は、看護師のサポートや患者さんのケアなど大変なこともありますが、感謝されることも多くやりがいのある仕事でもあります。また、医療の現場で学んだ知識を活かして、需要の多い介護系の資格を目指すことも可能です。これから看護助手として働きたいと考えている方は、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

当サイトには介護関連の求人がたくさんございます。もし看護助手やほかの介護職を探されているなら、まずは下記リンクより登録してみましょう!

>>介護職の求人を探しているならこちら!


お仕事をお探しの方に無料で求人をご紹介!



最新おすすめ求人

関連記事