新入社員コラム

新入社員コラム未経験からの介護1年目〜仙台part2〜

コミュニケーションについて

 

5月に入り、だいぶゆとりを持って業務に当たれる日々を送っています。しかしながら、未だに利用者様との『コミュニケーション』という部分は難しいと感じることがあります。

 

・声の大きさ
・声のトーン
・話すスピード
・表情
・目線
・身振り手振り

 

現場に立っていると、普段人と接する上では、上記の要点を自然とおさえていることを強く実感します。だからこそ、介護現場では特に注意して話すようにしなければならないと思います。

 

そして、普段会話する際に好印象を持てる人といえば…

・自分の話に興味を示してくれる
・相槌を打ってくれる
・相槌のタイミングが良い
・表情がよく、口だけでなく目でも笑ってくれる
・共感してくれる

 

などといった部分を自然と実行できる人だと思います。こういった部分を、介護現場で実践しようと意識付けています。

 

信頼関係を築くために

 

また、普段と違うと感じる部分としては、利用者様の意思を受け取り、ニーズを理解することが求められることだと思います。これを踏まえて、利用者様としっかり信頼関係を築くといった部分が一番大切だと思います。

 

介護者側からの一方的なケアだけでなく、利用者様方から名前を呼んで頂けたり、感謝して頂けたりすると、非常に嬉しいです。
また、逆にこちらが元気付けられたりもします。本当にやりがいに繋がります。

 

ただ、実際の現場では利用者様の言葉の解釈が難しいと感じことも多々有ります。上手く言葉のキャッチボールができなかったりすることが正直なところです。

 

それでも、『聴く』という言葉があるように、文字通り、心の耳で相手に寄り添う気持ちが重要なんだなと感じます。

 

未だにコミュニケーションを図ることは大変だと感じます。壁にぶつかることもありますが、僅かな時間であっても傾聴という姿勢を大事にして行きたいと思います。

 

この人は好感が持てる人だ・この人はわかってくれる・この人なら安心だ、と思って頂ける介護職員を目指していきたいと思います。

 

仙台支店 通山

宮城県の未経験者歓迎、介護求人はこちら

https://www.kaigo-aruaru.com/content/blog-carrier/salary/kaigo-work-salary.html

https://www.kaigo-aruaru.com/content/blog-column/coordinator/columns-k4.html