介護

2020年1月23日

ずっとおいしく食べたい!~のどを鍛える嚥下体操のススメ~

誤嚥性肺炎にならないために

「食べる」ことは人間の体にも心にも大事なことです。
近年、「誤嚥性肺炎」で亡くなる高齢者の方はとても多いと言われています。
ずっとおいしく食べて幸せに長生きするためには、飲み込む力、「嚥下機能」をキープすることが必要不可欠です。
今回は、そんな大事な飲み込み力を鍛える嚥下体操を紹介していきます!

1.E運動

口を横に伸ばし、「イィー」と声を出すような口にします。(声は出さなくてもOK!)
奥歯を5秒ほど食いしばり、のどに力を入れることをイメージしてください。
5~10回が目安です。


お仕事をお探しの方に無料で求人をご紹介!
無料会員登録はこちら
求人検索はこちら

2.舌出し運動

まず、口を開いて舌を思いっきり出します。今度は「上」、「下」、「左」、「右」の方向に動かします。
その際、しっかりその方向に曲げるのがポイントです☆
2~3回を目安に行います。


お仕事をお探しの方に無料で求人をご紹介!
無料会員登録はこちら
求人検索はこちら

3.シャキア・トレーニング

これはアメリカのシャキア医師が考えた訓練法で、世界各国の医療機関が取り入れています。
枕などを使わず、布団やマットの上に仰向けになります。両肩はそのままつけた状態で頭だけをゆっくり高く上げ、自分のつま先を見ます。
ここで30秒~1分間止めます。頭をゆっくり下げます。これは5回~10回行います。


お仕事をお探しの方に無料で求人をご紹介!
無料会員登録はこちら
求人検索はこちら

4.ペットボトル体操

空のミネラルウォーターのペットボトルを使用します。(柔らかい材質のもの)
ペットボトルを口にくわえ、ペシャンコに縮まるまで大きく息を吸います。
これは、5回ほど繰り返すと効果的です。


お仕事をお探しの方に無料で求人をご紹介!
無料会員登録はこちら
求人検索はこちら

5.まとめ

いかかだったでしょうか?
高齢者の方もできる、簡単な嚥下体操をご紹介しました!
ぜひ、利用者様と一緒に、やってみていただけたらと思います!


喉を鍛えて、いつまでもおいしく、「いただきます!」☆

あなたにぴったりのお仕事がきっと見つかります!

「介護の求人あるある」はミサワホームグループのセントスタッフ株式会社が運営する介護業界に特化した転職・就職・復職のための求人サイトです。

●雇用形態から介護の求人を探す
正社員の求人はこちら
パートの求人はこちら
契約社員の求人はこちら

●職種から介護の求人を探す
介護職/ヘルパー
ケアマネジャー
生活相談員
管理職/管理職候補
サービス提供責任者
サービス管理責任者
看護助手
管理栄養士/栄養士
調理師/調理スタッフ
児童発達支援管理責任者
児童指導員
介護タクシー/ドライバー
理学療法
作業療法士
言語聴覚士
事務職
福祉用具専門相談員
営業関係職

●人気のエリアから介護の求人を探す
北海道
宮城県
埼玉県
東京都
千葉県
神奈川県
愛知県
大阪府
京都府
兵庫県
広島県
福岡県

●人気の検索条件から介護の仕事を探す
無資格可
年間休日120日以上
土日休み
日中勤務

関連求人

関連記事