補助金

介護人材再就職準備資金貸付制度について

◆介護人材再就職準備資金貸付制度について◆

◆介護人材再就職準備金貸付制度ってなに?
介護職員として一定の知識と経験を有していながら、介護の現場から離れていた方が
再び介護職員として離職した際に、再就職に必要な費用を貸し付ける制度です。
継続2年以上の従事を行うことで、貸付金の返還が免除されます。

貸付の金額は、最大で40万円!!(地域によって金額に差があります)
※利子はありません♪

以下の要件に全て該当すれば、貸付金返還が免除されます!

①介護職員としての経験が1年以上ある人

②直近の介護職員としての離職日から1年以上経過している人
(離職日=退職の翌日)

③介護福祉士・実務者研修・初任者研修などの有資格者

④各都道府県内の介護サービス事業所・施設等に介護職員として再就職した人

⑤社会福祉協議会及び他の道府県が適当と認める団体から同種の資金を借り受けたことがない

※地域によって多少の差がありますが大きな違いはありません。

☆★ここがポイント!★☆

介護現場への就業が前提となります♪
介護の現場で復帰したい方は是非☆

セントスタッフであれば、皆様のご要望に答えて就業先をご用意します!
ぜひともコチラからご要望をお聞かせください!

【申込みから変換免除までの流れ】

◆1 前職を退職したら

まずは、福祉人材センターに離職介護人材として届出を行ってください!

今後の作業を行ううえで最初の準備となります。

◆2 再就職内定したら

再就職準備金の申し込み書類の提出を行います!

(書類は福祉人材センターのHPか窓口から取得してください)

◆3 就業開始したら

再就職届けの提出を福祉人材センターに!

※就業開始してから3ヶ月以内にお願いします。

◆4 書類審査

ご提出いただいた貸付申込書が各社会福祉協議会にて審査されます!

◆5 借用証書等提出

ここまで来たら貸付が行われない可能性は限りなく0に近いです!

◆6 貸付金交付

審査が通れば申請金額が一括で支給されます!

☆★ここがポイント②!★☆

6の貸付金交付後、介護職員として業務に従事している場合は返還の義務はなくそのまま2年間継続して勤務していれば、返還が免除されます。

◆コチラの制度はあくまでも、皆様が直接手続きをしていただく内容でございます。

私どもで申請の代行はできませんが、制度につきましては担当よりしっかりと説明させて頂きます!

また、制度の前提として介護現場で働くことが大前提です!
セントスタッフでは様々な介護事業所のご紹介が可能でございます!

皆様のご要望に沿って続けていきたいと思える職場をご紹介します♪

皆様のご要望をお聞かせください!

介護職員の給料の状況【2018年版】厚生労働省が発表している介護従事者処遇状況等調査結果の概要という資料に介護職員の給与の状況が掲載されています。ここではその内容から介護士...